介護食について

当施設の介護食へのこだわり

当施設の介護食へのこだわり

食事は老人ホームで生活する中で特に大きな楽しみのひとつです。東大阪市で各種介護・ケアサービスのご提供を行っている「株式会社ほうわ」では、当社の住宅型有料老人ホームのご利用者様にできるだけ美味しく楽しくごはんを召し上がっていただきたいという想いから、食事の充実に力を入れています。食事を外部給食会社に委託しないので、温かく栄養管理の行き届いた美味しい介護職をご提供しています

介護食とは

一般的な食事は咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)が困難な方にとっては摂りづらく、唾液や食物、胃液などが気管に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」を招く危険性があります。「介護食」とはそうしたリスクに配慮した、咀嚼や嚥下が難しい方のための食事です。

介護食には、噛み砕きやすい「刻み食」や飲み込みやすい「とろみ食」「ペースト食」などさまざまな形態があります。咀嚼や嚥下の障がいのレベルに応じて介護食の形態は変わりますので、ご利用者様一人ひとりの状態を細かく把握する必要があります。

介護食における当社のこだわり

 安全を最優先
       

当施設の介護食へのこだわり

お食事の調理を外部委託する有料老人ホームは多くありますが、当社の老人ホームでは直営の総菜店「旬家 彩果」で調理したものをご提供しています。その理由のひとつは、ご利用者様の安全を第一に考えて最適な状態でお出しするため。施設と惣菜店がご利用者様の情報を共有することで、安心して召し上がっていただける食事をご提供できるのです。

「美味しさ」を重視

当施設の介護食へのこだわり

介護・福祉分野においても、調理コスト削減が優先されてしまう施設が多いのが現状です。しかし、当社の有料老人ホームではご利用者様目線のサービスにこだわり、旬の食材にこだわった美味しいお食事をご提供しています。おかげさまで、多くのご利用者様に好評です。見た目にも味にもこだわった、自慢の食事をぜひご賞味ください。


  • 株式会社ほうわの老人ホーム 東大阪市に2ヶ所ある 施設をご紹介しています。
  • お問い合わせはこちら 06-7710-9550